困らない履歴書の書き方

正しい履歴書の書き方

日付

日付は作成した日ではなく持参する日付を書きます。郵送の場合はポストに投函した日の日付を書きます。

写真

3ヶ月以内に撮影した証明写真を使用します。
写真はスナップ写真やプリクラなどではなく、必ず証明写真を使用して下さい。
服装はスーツやジャケット着用の写真を使用しましょう。
好感がもてる明るい印象になるようなメイクで撮影したほうがよいでしょう。
写真は剥がれないよう、しっかりのりで貼り付けます。
万が一写真がはがれた時のために写真の裏に名前を記入しておいた方が良いでしょう。

現住所・連絡先・電話

住所は都道府県名から記入します。住所は省略せずに都道府県・建物の名称・部屋番号まで詳しく記入します。
合否の連絡に電話を使用する場合があるので連絡がとれる電話番号を必ず記入します。
携帯電話の番号でも問題ありません。

学歴・職歴

学歴は高校以降の入学・卒業年月を明記します。学校名・学部・学科名は省略せずに記入しましょう。病院名、会社名正式に、略さず書きます。
退職は「一身上の都合により退職」と記入します。在職中の場合は「現在に至る」と記入します。職歴の最後には必ず「以上」と記入します。
年数の計算が合わない、事実と違うなど、矛盾点は面接や身辺調査ですべて発覚してしまいますので、正直かつ精確に書きましょう。嘘は厳禁です。

免許・資格

資格は取得順(古い順)に、全て正式名称で記入します。
あまりにも職務と関係のない免許・資格は記入しないほうがいいでしょいう。

志望動機・自己PR

とても重要な項目です。空欄はやめましょう。
その仕事に就いたきっかけや、なぜここで働きたいかを簡潔にまとめて記入しましょう。
その病院の情報をしっかり調べた上で、具体的な選んだ理由、その病院でないといけない理由を明確に書きましょう。

本人希望記入欄

勤務時間や入職時期などの希望があれば、記入します。

履歴書を書く上での注意事項

JU073_72A

手書きでも、パソコンでも構いません。あなたの意欲・熱意・誠意が伝わるように書いてみましょう。
パソコンが普及したとはいえ、履歴書は「誠実さ」や「ぬくもり」が伝わる手書きがマナー。
筆記具には、こすっても消えないよう、黒いボールペンかサインペンを使用します。
丁寧であれば、字の上手・下手は関係ありません。
書いた内容がしっかり相手に伝わるよう、気持ちを込めて書くことが印象アップのポイントです。
・黒のボールペンか万年筆で手書きで記入。
・修正液や修正テープはNGです。大変ですが書き直しましょう。
・キレイな字で丁寧に書きましょう。

1. 写真にプリクラやスナップ写真

常識はずれの履歴書はそれだけで選考から漏れてしまうことも。3か月以内に撮影した証明写真を貼りましょう。

2. 間違えたので、修正テープで修正!

最後の最後に書き間違えた!そんな時についついやってしまいそうですが、めんどくさがらず新しい用紙で書き直しましょう。そこにあなたの意欲、姿勢が表れます。

3. 経歴を略す、でたらめを書く

短期間で辞めた病院の経歴を略したり、経験のないことを書くのは絶対NG。内定取り消しや解雇になる可能性も。不利になりそうな経歴は分析と反省をし、前向きな意欲をアピールするようにしましょう。

履歴書の書き方の基本事項

⒈手書きがオススメです!

履歴書は市販のものに黒インクのボールペンや万年筆を使用して記入しましょう。

⒉丁寧できれいな文字で記入しましょう!

履歴書は、あなたの第一印象になります。字は一字一字、丁寧に書きましょう。 雑でなければ、字の上手・下手は関係ありません。

⒊修正液はNG!

記入を間違えても修正液は使用せずに、新しい用紙で書き直しましょう。 もちろん二重線で訂正するのもNGです。

⒋空欄を作らないようにしましょう!

履歴書は自分をPRする大切な書類です。空欄を作らないように全ての項目を必ず埋めましょう。

⒌最後に必ず見直しを!

全ての項目を記入したら、必ず誤字脱字がないか、内容に誤りがないかを確認しましょう。 また提出前にコピーを1部とっておくと、面接直前に内容の確認ができたり、新たに履歴書を作成する際に役立ちます。
人事担当が見ているポイントとしては、「髪」「服装」「表情」です。 目は印象を強くするため、多少見開き気味にし、口元は微笑みが感じられる表情が印象が良く映ります。また、スーツやジャケットなどの服装は紺や黒、濃いグレーなど、濃いめの色を選んだ方が、顔が引き締まって見えます。
勤務時と同じように髪はきちんとまとめて撮影します。
ジャケットを着用して撮影します。

その他の注意点

JU120_72A

大きな字で丁寧に書く。
ふりがなについて
「フリガナ」と書いてあればカタカナで
「ふりがな」と書いてあればひらがなで
用紙に『印』の欄がある場合は必ず印鑑を押す。
印鑑はきれいにまっすぐ押す。
生年月日は年号を忘れずに書く
年号は省略しない(昭和・平成と書く)
記入した日付の時点の年齢にする

職歴の書き方

JU144_72A

一般企業の場合:「入社・異動・退社」
病院の場合:「勤務・異動・退職」
退職の場合「一身上の都合により退職」
在職中の場合は「現在に至る」
年数の計算を間違えない
企業名や病院名所属部署や科名は正式名称で。

・仕事をする時に大切にしていること・得意な業務
・プリセプターやリーダーなどのマネジメント経験など
・委員会活動や症例研究・取り組んだ業務改革など
・自分の人間性・性格・特徴を織り交ぜて書いていくのも効果的(「患者様と話をするのが好き」や「今までの職場で無遅刻無欠席でした」など)
・あなたがどのような看護師なのかが伝わるエピソード
・今後どのような看護師になりたいのか
・望動機欄は一番時間を取られてしまうところであると同時に一番重要なところです。
・「自分は何ができるか」「自分は何がしたいか」を自分の言葉で伝えていきます
・あらかじめ志望病院の情報を集め、その中で自分が取り組みたいことについて下調べしておくとスムーズにかけます。病院のパンフレットや公式ホームページを参照してみましょう。ただし、病院の理念や病院長の言葉をそのまま引用したり、『貴院の取り組みに感銘を受けた』といったものも適切とは言えません。今後どんなことをしていきたいかをしっかり考えて率直に書くほうが先方の担当者に響きます。

履歴書ダウンロード

  • facebook
  • twitter
  • mixi