看護師だからこそワークライフバランスを考えよう

看護師だからこそワークライフバランスを考えよう

看護師として同じ勤務先で長く勤めたいと考えていても、ライフスタイルや家庭環境の変化などで、働き続けられなくなることもあるでしょう。仕事と家庭のバランスが上手くとれるなら、離職という最悪の状態を避け長く働き続けることが出来ます。看護師だからこそ、ワークライフバランスを考えて勤務先を選びましょう。

ワークライフバランスとは何か

仕事と生活の調和

ワークライフバランス=仕事と生活の調和です。無意識に仕事中心の生活となっている方も多くいらっしゃいます。

家庭を持っているかどうかに関わらず、生活が仕事に追われてばかりでは身体だけでなく、心も疲れてしまいます。まずは、自分のワークライフバランスが上手くとれているかを見直すところから始めてみましょう。

なぜバランスがとれなくなるのか

ワークライフバランスを崩す

看護師がワークライフバランスを崩す背景には、病院の看護師不足が挙げられます。看護師は社会貢献度の高い仕事ですから、やりがいもありますので長く続けていきたいと考える方が多くいらっしゃいます。

しかし、結婚・子育てを期に離職する方が多いのが現状です。看護師の仕事は資格を持っていれば復帰も可能ですが、働く時間や環境が大きく影響してくるため復帰率も低いのです。

看護師の勤務時間は、一般的にフルタイムで夜勤もあります。事情により短時間勤務となると、たとえ長いキャリアがあっても、正社員ではない非正規職員の形でしか働けない例が多かったのです。これでは仕事に対してのモチベーションも下がってしまいます。このような働く時間や環境が看護師不足に繋がり、現役看護師のワークライフバランスを崩すという悪循環となっているのです。

東京にありますセルヴィスは、医師・保健師・助産師・薬剤師・ナース求人など医療関係の求人情報を多数掲載しています。ナース求人情報は、病院での日勤外来病棟での勤務、オペ室ICU業務など働く時間や勤務条件から検索も可能です。

求職者と医療関係機関双方にとって満足度の高いマッチングを図り、転職をサポートいたします。仕事も家庭も両立し、東京で看護師として活躍したい方は、ぜひセルヴィスのナース求人情報をご覧ください。

  • facebook
  • twitter
  • mixi