クリニックと病棟勤務の違い

クリニックと病棟勤務の違い

看護師募集は数多くありますが、中にはクリニックと病院のどちらで働こうかお悩みの方もいらっしゃるでしょう。クリニック勤務と病棟勤務では、様々な違いがあります。

業務内容

業務内容

クリニック

診察を待たれている患者さんを呼んだり、聴診時の介助、採血など医師のサポートが基本です。看護師としての専門性だけではなく、介護補助などトータルな技術が要求されるのです。

また、電話対応や掃除、備品管理などを行うのも看護師の仕事となっています。

病棟

病棟では、患者さんの身の回りのお世話、診察介助、注射、投薬、リハビリなどを行い、看護師としての知識と技術を発揮することが出来ます。また、大学病院であれば通常の看護業務の他にも、看護学生の実習受け入れ、教育、指導といった仕事もあるでしょう。

勤務体系

クリニック

クリニックの勤務体系は病院の日勤帯と同じくらいですが、夜勤がないということは大きなメリットです。夜勤がなければ体力的負担も少なく、小さな子どもを持つ看護師にとっては仕事を続けやすい環境でしょう。

また、ほとんどのクリニックでは午前診療と午後診療があり、間が何時間かあく場合には一時帰宅して再出勤出来る所もあります。クリニックは基本固定休となっているため、プライベートと両立しやすい職場とも言えます。しかし、科によって忙しい時期があり、その時期には残業もあります。

病棟

勤務体系<

病棟は24時間看護の必要があるため、夜勤はつきものです。病棟看護師はシフト制のため、生活リズムが崩れやすい環境でもあります。

しかし、子育て中には夜勤を免除してもらえたり、子どもの急な発熱で休むという場合にも代わりに働いてくれる人がいたりと充実した環境が整っているため、子育て中の方でも安心して働くことが出来ます。

看護師募集をお探しの方は、セルヴィスをご利用ください。セルヴィスは、関東を中心に看護師募集情報を掲載した情報サイトです。病院やクリニック、介護施設透析クリニック、美容外科・美容皮膚科、コールセンターなど様々なタイプの求人情報を掲載しており、勤務エリアや高給与など自分の希望する働き方に合った仕事探しが素早く簡単に出来ますので、ぜひお気軽にご活用ください。

  • facebook
  • twitter
  • mixi