人事担当者の方へ

医療系で転職活動中の人への3つのアドバイス

1.転職後にかなえたいことの優先順位を明確に!

現在の職場を辞めて、他に移りたいと思った時に必要なことがあります。自分は、なぜ転職を考えているのだろうかと、あらためて自分に問いかけてみることです。現在の職場では、思うようにキャリアアップ出来ないから、もっと自分の可能性を伸ばしてみたいと考えているのか。それとも、もっと家族や子供と触れ合う時間を取りたいのか。人間関係で疲れてしまって、とりあえずその場から逃れたいのかなど、ありのままの自分の気持ちを見つめてみましょう。新たな職場で、自分が何をしたいのか、そのためには現在の自分の何が足りないのか、どういうところを引き続き伸ばしていけば良いのか、明らかにして行くことが大切です。その中から職場の条件や自分が取り組むべきことの優先順位が出て来るでしょう。私は、こういう職場で働きたい、こう生きていきたいという願いを確かにしていきましょう。

2.ライフスタイルから働き方を考える!

自分にとって魅力ある職場、働きたい職場というのは、それぞれのライフスタイルと深く関わっています。職場でやりがいを見つけたい、自分の能力をもっと伸ばしたいと考えているのか、地域の患者さんのお世話をして皆さんに元気になってもらうことを大切にしたいと考えているのか、子供や家族と過ごす時間を大切にしたいのか、人それぞれ望んでいることがあります。 その思いを叶えることが、新しい職場を探す大切な条件となって来ます。ライフスタイルにあった、職場や勤務形態、待遇面などでの条件をひとつひとつクリアにして行くことで転職先が明確になって来ます。また、キャリアアップしたい場合は、どのような条件を備えている職場なら自分を成長させていくことが出来るのか、多くの職場の中から探し出していくことも大切です。

3.スキルアップを目指そう!

自分の能力や技術をスキルアップして行きたいと考えている人には、その願いが叶えられるようなシステムを持っている職場を探すことが大切になります。教育研修システムや研修制度はどうなっているのか、はっきりと知ることが必要でしょう。スキルアップする中で、また新たな視野が開けていくこともあります。現在の自分では、まだ実感として感じられない感覚も備わって来るでしょう。スキルアップすることで、新たな目標が出て来ることもあります。専門分野で自分を磨いていくことが、次のステップの足がかりとなり、そのために必要な資格にチャレンジすることもあるでしょう。そのことにより、またより多くの職場の選択肢が広がり、可能性が広がって行くことになります。また、待遇面も大きく変わることもあります。様々な面でやりがいが出て来ることになります。

  • facebook
  • twitter
  • mixi