看護師に求められる健康管理

看護師に求められる健康管理

健康管理のプロである看護師が不健康では、患者さんを不安にさせてしまいます。そのため、自分自身の健康管理にも気を配ることがとても大切です。

感染させない・感染しない

手洗い

日々の疲れが溜まり、風邪をひいてしまうこともあるでしょう。中には、風邪をひいていても仕事が忙しいからと無理して出勤する方もいらっしゃいますが、そういった時には患者さんに感染させないためにも無理せず休みましょう。風邪の他にも空気感染で感染してしまう病気はたくさんあり、患者さんだけではなく職場の仲間にも迷惑をかけてしまうことになります。

また、病院は様々な病気の人が通院するため、感染ルートが「患者さん」というケースもあります。そのため看護師は、患者さんから病気を感染しないように手洗い・うがい・消毒などを徹底して行い、注意する必要があります。

腰痛に注意

看護師の職業病として、腰痛があります。看護師の仕事は中腰の状態でいる時間が多く、それが原因で腰痛となるのです。クリニック勤務であれば、病棟勤務よりは中腰になる機会は少ないですが、長時間立ちっぱなしで、高齢患者さんの車椅子の移乗など腰に負担のかかる業務が多々あるため、腰痛には注意が必要です。

腰痛は慢性化してしまうと仕事はもちろん、日常生活に支障をきたすものとなるため、日頃から腰に負担をかけないようにしましょう。また、ストレッチを心掛けたり、整体や鍼灸を利用したりして腰痛を予防することも大切です。

ストレスを溜め込まない

ストレス解消

看護師は、病気を抱えて苦しい思いをしている患者さんと直接向き合い、支えていく仕事でもあります。時には辛いことを言われたり、不満をぶつけられることもあるでしょう。そういった時でも笑顔を絶やさずに患者さんと向き合う看護師の仕事は、ストレスも溜まりやすいものです。ストレスを溜め込んでしまうと心のバランスが崩れ、健康面にも影響を与えてしまいます。

そのため、イライラした時や言いたいことを吐き出したい時などには、カラオケに行ったり、趣味に没頭したり、友達と買い物をしたりと、自分なりのストレス解消法で心の負担を軽くしてください。

看護師求人をお探しの方は、セルヴィスをご利用ください。セルヴィスでは、内科や美容外科美容皮膚科、産婦人科、保育園健診クリニックなど多くの看護師求人を扱っています。訪問看護夜勤専従の看護師求人情報もありますので、ライフスタイルに合わせてお選びいただけます。美容外科への転職が初めての方やこれから求人や復職をお考えの方も、ぜひご活用ください。

  • facebook
  • twitter
  • mixi