ブログ

助産師の看護師の求人・転職に関して


そもそも助産師とは

助産師は妊娠から出産までかかわっていきます。妊娠、出産、産後それぞれに合わせて助言や監督、ケアを行います。そして、自分自身の責任において分娩介助や、赤ちゃんや幼児のケアも行うことが出来ます。その仕事は出産を行う女性だけでなく、家族や地域社会のための仕事でもあります。さらにその役割は妊娠出産だけでなく、婦人科の一部の領域や家族計画、育児にまで及ぶことがあります。アメリカでは出産の手伝いだけでなくエコー検査で胎児の様子を見ることや、子宮がん検査を一人で行うこともできます。

他の国では、男性もいますが女性がほとんどです。一方日本では国家資格を受けられるのは女性だけなので、結局女性の助産師しかいません。ですから、男性で出産の手伝いをする仕事をしたい場合は、医師になって産婦人科に勤務するしかありません。

求められるスキル・仕事内容

助産師は看護師の資格も必要なため、看護師としての経験を積んでから助産師の国家試験を受けることが多いようです。見事合格した後は助産師の仕事を行います。助産師は妊婦に対して妊娠時、出産時、産褥期の時にそれぞれ健康管理や食事や運動について助言や指導を行います。また、正常分娩の際には介助を行います。そして出産後も母乳や乳児についての指導なども行い、妊娠から産後までの妊婦にかかわります。死産や流産などの悲しい場面もたくさんありますが、その分生命に真摯に向き合うことになるので、非常に責任感がある仕事です。女性に頑張って赤ちゃんを産んでもらうためには強い精神力や人を包み込む気持ち、気配りや人の話に耳を傾けるなど、技術だけでなくいろいろな細かいスキルまでも求められる仕事です。

転職に関して

助産師になると仕事は非常にハードとなります。予定日周辺はいつ生まれるか分からないし、予定日じゃなくても死産や流産などの緊急事態がいつもおこります。24時間お腹の中にいる赤ちゃんを見守る必要があるため、夜勤が必要不可欠となっていきます。助産師の負担を軽くするために夜勤の次の日は休日にしたりするなどのシフトの工夫はしますが、結局は体力勝負となります。若いうちは体力的に余裕ですが、年を重ねるたびにきつくなっていきます。また、子供がいて夜勤は無理という助産師のために日勤のみの職場の求人もたくさんあります。ですが、その日勤のみの職場も狭き門となっています。そして狭き門をくぐりぬけてもお産を扱わなかったりする場合は物足りないです。なので、少なめの夜勤や夜勤NGに対応してくれる病院を探すことも検討しなくてはいけません。

 

関連する求人2

株式会社 セルヴィス

事業内容 :
有料職業紹介事業 その他事業
所在地 :
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-2-12
Tel 03-5723-2020
Fax 03-5723-2022
取扱業種 :
看護師、保健師、助産師、医師、薬剤師、その他
Facebookページはこちら http://on.fb.me/1Kikx7y

お仕事検索

職種選択
勤務地選択
施設種別選択
フリーワード
  • facebook
  • twitter
  • mixi