ブログ

老人ホームだけじゃない?介護施設の種類は何があるのか?


有料老人ホーム

老人福祉介護施設には民間が経営している有料タイプのものがあります。介護付き、住居型、健康型と3種類に大きく区別されています。自治体の施設と比較して費用が高いのが特徴ですが、その分豪華なものや24時間介護など充実したサービスが利用できるように工夫されています。自治体の場合には税金を利用していますので要介護の重度の方が優先されることが多く、入居待ちが発生することになりますが、民間の場合には種類が多いので自分にあったサービスを提供している施設を自由に利用できることになりますから比較的介護レベルが軽度の方でも利用することができますし、空きがあれば入居できます。自治体の場合には相部屋になることが多いですが、個室タイプになっておりプライベートが確保されるのも人気となっています。

特別養護老人ホーム

介護保険施設は介護保険が使える施設で、在宅介護型施設と入所介護型施設とがあります。在宅介護については日帰りから30日間など期間が限定されており、リハビリや食事、トレーニングなど目的に応じたケアをうけることができます。軽度の方とその家族が利用しやすいもので1日1000円程度の負担で利用できるものになっています。入所介護型施設はグループホームと呼ばれる痴呆の方を集めて緩和ケアを行う施設、3カ月程度かけて自立した生活ができるようにトレーニングすることを目的とした老健ホーム、日常的なサービスのみを目的としているため医師の治療が受けられない特別養護老人ホームの3つがあります。月額6万円程度から20万円程度で利用することができます。特別養護老人ホームは日額1700円程度で利用できますが日常生活介護老人福祉施設には特養と呼ばれる自治体の経営する施設があります。介護レベルには1から5まで分類がありますが、3以上の重度の患者さんを優先的に受け入れることになっています。初期費用がゼロなので入居するための費用負担が少なく、国や自治体からの負担があるので自己負担が少なくて済むのが特徴です。支払義務のある入居者や親族が生活保護の対象となっていたり、年収が少なかったりした場合には補助金の対象になることもあり、より軽い自己負担で施設を利用できます。サービスには食事、入浴、排せつなどの介護、掃除、洗濯などの生活援助が中心となります。終身で利用できるため寝たきりの人などにとっては継続利用しやすいサービスとなっています。看護や治療などのサービスについては限定的で施設によって差があることに注意が必要です。
費は自己負担となります。

介護施設のまとめ

介護保険施設は介護保険が使える施設で、在宅介護型施設と入所介護型施設とがあります。在宅介護については日帰りから30日間など期間が限定されており、リハビリや食事、トレーニングなど目的に応じたケアをうけることができます。軽度の方とその家族が利用しやすいもので1日1000円程度の負担で利用できるものになっています。入所介護型施設はグループホームと呼ばれる痴呆の方を集めて緩和ケアを行う施設、3カ月程度かけて自立した生活ができるようにトレーニングすることを目的とした老健ホーム、日常的なサービスのみを目的としているため医師の治療が受けられない特別養護老人ホームの3つがあります。月額6万円程度から20万円程度で利用することができます。特別養護老人ホームは日額1700円程度で利用できますが日常生活費は自己負担となります。

 

関連する求人2

株式会社 セルヴィス

事業内容 :
有料職業紹介事業 その他事業
所在地 :
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-2-12
Tel 03-5723-2020
Fax 03-5723-2022
取扱業種 :
看護師、保健師、助産師、医師、薬剤師、その他
Facebookページはこちら http://on.fb.me/1Kikx7y

お仕事検索

職種選択
勤務地選択
施設種別選択
フリーワード
  • facebook
  • twitter
  • mixi